マンション登記
マンション登記

新築マンションの場合は建物が完成したときにまず、建物の所在地番や構造、床面積などを登記します。所有権の登記は、初めて登記する場合が「所有権保存登 記」に、売主の所有権が登記されている物件を買主に移転する場合が「所有権移転登記」になります。新築マンションでは建物の所有権を買主名義で初めて登記 することになるので、建物については所有権保存登記の手続きが必要です。


区分建物表題登記

区分建物(くぶんたんてもの)とは、一棟の建物の一部(専有部分)を独立して所有することができる建物のことで、分譲のマンション等がこれにあたります。
一棟に存在する全ての専有部分は一括して登記しなければなりません。

建物区分登記

すでに登記している一棟の建物の一部(専有部分)を独立した建物として登記をしたい場合は、「建物区分登記」が必要です。
一棟で登記をした賃貸マンション等を区画ごとに分譲する場合や、一棟で登記をした賃貸マンション等を区画ごとに相続する場合に必要となる登記です。

「ワンストップサービスの創造」土地家屋調査士・司法書士

小川登記総合事務所グループ

東京都文京区小石川1丁目3番25号 小石川大国ビル9階

不動産事業における調査、測量、登記、コンサルについてお気軽にご相談ください。

株式会社 小川総合事務所
TEL:03-3815-0197
土地家屋調査士法人 小川事務所
TEL:03-3815-0155
司法書士法人 小川事務所
TEL:03-3814-7966
エムティプランニング株式会社
TEL:03-3868-0380

お問い合わせフォーム

Copyright OGAWA GROUP INC.,LTD. All Rights Reserved.